ボックスのベッドはどのようにセットするのですか?

分かりやすいように写真を撮ってみました。これを見ながらボックスのベッドを準備してみてください。

1.ボックスにマットレスを敷きます。(届いた時点ですでにマットレスは底に敷いてあるハズです。)

2.マットレスの上にマットレスカバーを敷きます。防水工(ワックス加工)されたツルツルした面を下にして敷いてください。マットレスカバーはマットレスよりも1~2センチほど大きいサイズなので、カバーの余った端の部分をマットレスとボックスの間に押し込んでください。

3.シーツ(大きな白い布)を半分に折ります。実はボックスに入っているシーツは幼児用サイズ(90 x 150 cm)です。シーツの品質がとても良いので、最初の数か月だけボックスのベッドのためだけに使って捨てるのは勿体ないと思ったので幼児用のサイズにしたのです。なのでこのシーツは2年、3年と長い間お使いいただけると嬉しいです!

4.シーツをマットレスカバーの上に置いて、端をマットレスとボックスの間に押し込みます。 

Making-a-bed--07-08.gif

これでボックスのベッドの完成です。お疲れさまでした! 

さて冬に生まれたばかりの赤ちゃんの場合はどうやってボックスの中で暖かく寝かせるのか?なんですが、おくるみをお勧めします。フィンランドでは室温が18~20℃に設定されているので、パパママには快適でも生まれたばかりの赤ちゃんにはとても寒いのです。そのため、特に寒い冬の夜は、夜の間ずっと赤ちゃんに適切な温度を保つために赤ちゃんを何かでくるむことを勧められています。合計で8人の赤ちゃんを育てた私たちの経験によると、赤ちゃんをおくるみ布でくるむと温かさを保つだけではなく、赤ちゃんが安心して静かに眠れる効果があるようです。ぜひ赤ちゃんをくるんであげてみてください。 寒い日はおくるみ布の上からブランケットで包んであげてください。

残念ながら、今ここに赤ちゃんがいないので赤ちゃんを使ってくるみ方を写真で説明できません…。代わりにこのビデオ画像が分かりやすいのでご覧になってください。
http://www.johnlewis.com/inspiration-and-advice/family/swaddle-baby-video

Swaddling-0.gif

この説明がお役に立てば幸いです。

ご不明な点はありますか? ご質問をメールでお送りください ご質問をメールでお送りください